人気ブログランキング |

2014年2月①

2月前半のお料理教室です。
今回は大好きな白菜のお料理がありました。
b0243169_23503093.jpg




★ クラムチャウダー ★
b0243169_23511149.jpg
朝の忙しいときにも作れちゃうお手軽簡単クラムチャウダーです。
ベースは牛乳と食パン。それがホワイトソース代わりです。
牛乳と食パン・・・食パンって小麦も油も入ってる。牛乳プラスすれば見事にホワイトソースの材料だ!
具材はなんでもいいので本当にラクチン♪
作ってるときは結構シャバシャバで「大丈夫なのか??」と思ったけど冷めてくるとトロミも付いてくる。
食べるときには本当ちょうど良いトロミ加減でした。
味も塩・胡椒をする前はちょっと食パン独特の臭いがそのまま味になってたけど
調味したら、あらビックリ消えちゃったでした。


★ スナップエンドウとブロッコリーの炒め物 ★
b0243169_2352945.jpg
スナップエンドウとブロッコリーしかタイトルに入ってないけど
他にも菜の花・マイタケ・豚肉が入ってます。豚肉はカロリーオフのために湯通ししたものを使用。
それを無水で蒸し炒めします。
お野菜の味が全部行きわたってて、凄く美味しかったです。
実は、マイタケは味が強いしブロッコリーはモサモサした食感が好きではなかったのですが、
今回のはマイタケの味も程よくおさえられて本当に美味しかった。
ブロッコリーの水分を含んでモサモサするのも、蒸し茹でっていう技法をならって解決。
このブロッコリーだったらたくさん食べられちゃうなぁって思ってしまいました。


★ 白菜とベーコンのブレジェ ★
b0243169_2353770.jpg
これはとても楽しみにしてたいたお料理です。
白菜を焼き付けて、少量の水と白菜から出てくる水分で煮込んじゃいます。
茶色くなってるけど、ダシも醤油も入れてません。
焼き付けたまま水を入れて煮込んだので、フライパンに残ったエキスで茶色くなりました。
ただ白菜の量がハンパないです。でも食べれちゃうから不思議。


★ トマトライス ★
b0243169_23534222.jpg
これ材料を全部炊飯器に入れてスイッチ押すだけだった(^_^;)
本当は白菜のブレジェをやりたかったのに、ナゼか炊飯器に一生懸命材料入れる係になってました。
ブレジェのために一番に調理台に行ったのに、ゴハンが炊けないと他のも食べれないからって
今日の一番に調理台に行った人のお仕事になってました。
ま、塩分換算とか水分換算が実際にやってみてわかったし、美味しかったからいいんだけどさ。


★ ほうれん草とレバーのサラダ ★
b0243169_23541473.jpg
さて炊飯器に全てをぶち込んで「今度こそ白菜を!!」と思い「先生、終わった~」といった私に
助手の先生が「ではほうれん草洗いましょう」って冷たいお言葉・・・
ほうれん草はシュウ酸がありますからねぇ。
しかも今回は生で食すからシュウ酸は親のカタキのごとく洗い流し根絶しなければなりません。
だけどハンパない量でした。それもそのはず。このお写真の左上がほうれん草のサラダ。
あの量です。イマイチわかりづらいですが、真ん中のトマトライスがご飯茶碗くらいの小鉢だから
それと比較していただくとハンパないほうれん草の量がわかっていただけるかと・・・
b0243169_23543075.jpg
葉を一枚一枚はがして
ある程度溜まったら輪ゴムで束ねて
あとはひたすらシュウ酸が出なくなるまで洗い続ける。
300グラムのほうれん草です。10束くらいございましたとも。
水は冷たいし、洗っていくうちに自分の手がザラザラしてきてシュウ酸取れてるかわからなくなるしで
最後はどうにでもなれ~~状態でやっておりました。
洗い終わったら、あとはひたすら食べやすい大きさに切る。これまたハンパなく時間がかかり、
最後はサラダ用の水切りでこれまたひたすら水を切る作業。
とにかく、ほうれん草と格闘してました。
レバーは他で作ってくれていたので、そのお姿は私のほうれん草が皿に盛られるまで
お目にかかることはございませんでした。
でも苦労した甲斐があって、皆さんにとても美味しいサラダだって褒めていただけたので良かったです。
って、洗って切っただけだけどさ(爆)

今回も楽しく美味しいお料理でした。
次回は何なのか楽しみです。

by maypiy | 2014-02-12 23:55 | お料理教室 | Comments(2)

Commented at 2014-02-13 04:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maypiy at 2014-02-14 00:02
★ 鍵コメさん ★
いつもいつも見守ってくれててありがとう。
今回も温かいお言葉嬉しいです。
これからも宜しくお願いします。