2012年夏 台湾の旅30 4日目の夕飯は鼎泰豐(ディンタイフォン)

2012年夏台湾の旅29から続いてます♪

久しぶりの夏台湾レポです。

さてさて、台中で買い物をたくさんして帰ってきた姉妹。
意外に体力を失っててホテルの部屋に着くなり、かなりのくつろぎモード(笑)
でもね、夕飯を食べに行かねばならんのです。
この日は大好きな鼎泰豐(ディンタイフォン)と決めていました。
ということで、ひと休みしたら永康街へGO!

b0243169_19501418.jpg


以前は昼間に行っていたのですが、ここ最近の昼間の混雑は尋常じゃなく
一度夜に行ったら思ってたより空いていたので(といっても30分は待ちます)
それからはすっかり【夜行く】が定番になっています。




お店の前で係のお姉さんに注文票を貰います。
そしてそこには番号が書かれていて、銀行にある番号呼び出し機に呼ばれたら
自分達の番になります。
いつも注文票に記入して、だいたいの目安の時間を聞いてそのまま永康街散策に出かけてます。
そんなことしてるせいか、すっかり現地の方だと思われてるらしく現地のお言葉で対応されちゃいます。

お店の前にはキャラクターのショーロンポウちゃん(←勝手に命名)がお出迎えです。
b0243169_200863.jpg
このキャラクター商品が店内で売られているのですが、いつも忙しい店内なので買いそびれてます。

席につくとまずは小籠包の薬味の針生姜がセットされます。
b0243169_206453.jpg
私、この生姜が大好きで、いつも3皿は貰ってます(^_^;)
そして生姜を配ってくれるお姉さんを勝手に【生姜ガール】と呼んでます(爆)

改めて醤油と生姜を(笑)
b0243169_2072956.jpg
醤油には酢を入れるのが普通なのですが、私は勿論【酢抜き】です。

そして小籠包の食べ方説明書も置かれてます。
b0243169_2082975.jpg
これで準備万端。
あらかじめ注文票を渡してあるので席に着くと程なくして注文品が運ばれてきます。

まずは定番の小籠包
b0243169_2023287.jpg
色々賛否両論はありますが、我が家では鼎泰豐が基本です。
色々食べ歩きましたが、結局は鼎泰豐が一番好きな味でした。
毎回外さず行くお店です。

そして今回は初めて茹で蝦ワンタンを注文!
b0243169_2095859.jpg
蝦焼売だと結構重いのですが、これはツルツルと食べれてしまいました。

スープは酸辛湯(サンラータン)
b0243169_20111371.jpg
酢は苦手なのですが、酸辛湯はなぜか大丈夫。
2人なので小さい方を取ったのですが、【大】でも大丈夫だったかもとちょっと後悔。。。

そしてゴハンモノはこれまた定番の蝦炒飯
b0243169_20132881.jpg
これ、蝦がゴロゴロはいってます。本当ビックリするくらいです。
前に友達といったときに友達はみんなに行き渡るように2尾ずつ入れてたのですが
あとから出てくる蝦に「蝦たくさん入ってるんだぁ」と驚いていました。

酸辛湯のお酢効果と生姜効果で台湾にいる間は本当に体調がバッチリなんですよ。
今回も、このタイミングでパワーチャージできたので、残りの日々も乗り切れるはず(笑)


★ お店データ ★

 鼎泰豐本店 
 住 所 : 台北市信義路二段194号
 電 話 : (02)2321-8927、(02)2321-8928
 時 間 : 10:00~21:00(月~金) 土日、祝日は、9:00~21:00(年中無休)

 台北ナビの記事 ⇒ 


~~ つづく ~~
[PR]

by maypiy | 2012-12-03 20:18 | 2012年8月台湾 | Comments(2)

Commented by cake-homemade at 2012-12-04 01:11
小籠包の薬味が生姜って、しかも量が多くていい感じ。餃子でもよさげな感じがするけどおいしい生姜でないとだめなんだろうな。
Commented by maypiy at 2012-12-04 18:40
この生姜って日本で食べる生姜と違うんです。
だから日本で小籠包を食べても、生姜が違うので
残念な感じが否めません。